VarnaGhita Ocean Tour 2010

VarnaGhita Blog 【バルナギータのブログ】

VarnaGhita Ocean Tour 2010
バルナギータ、ヨットで海路ツアー始まります。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.04.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ラピュタ号に再会

皆しゃまオゲンコですか〜Maboです〜
今日、こちら知多半島は初雪です。風強くさむ〜いです。
うちの薪ストーブは全開〜〜〜〜
縁のレコーディングも終わり、ミックスダウンを残して、さてどんなアルバムになるか
乞うご期待!

バルナギータ惑星巡礼つづき行きま〜す

かねよ食堂を一路、御前崎港に向った僕らの車は朝4時に到着。
ラピュタ号ではキャプテン伊藤がすでに出航準備をしておりました。
今日から久しぶりの船旅です。またまたワクワクなワクワクですな〜
ジミ〜さんは自分のライブのため、ここからは乗船はせず、モコとレンタカーを返しに静岡へ向うことに、、、
船の準備を済ませ、5時出航〜
ジミ〜名古屋でね〜 モコちゃ〜んありがと〜〜〜〜〜〜
岸で手を振る二人の姿が小さくなっていく、ラピュタ号は港を出た。
ちょうどいい西風である。向かい風40度を切り返しながら進んでいく
後ろに富士山が見える、海から望む朝の山並みの姿は絶景である。
台風14号の去った海風は安定していて、海風満タン、ここは地球です!実感!
ラピュタ号は余裕の走りをみせ、台風を背に走った行きとはえらい違いだ、行きに大変な思いをした
ケンジは余裕でニコニコ顔であ〜る。
陸の国道150号線は朝のラッシュ!こちらはス〜イス〜イなのだ、しかし車の方が断然早い!
どちらの生き方を選ぶか、It's choose you Are you Happy? I'm Happy!
シラス漁の船がたくさん仕事をしている。毎日ここが仕事場か〜元気になるきゃないな、こりゃ〜

若者よ漁師はいいぞ! 陸でネ〜ちゃん釣れなきゃ海で魚釣れ!
魚が取れりゃ、ネ〜ちゃんニャ〜ンって寄ってくるかもよ。   ほ〜んと〜?
なんでもやってみなけりゃわからんよケンジ君。

おやおや見えて来た、どこから見ても地球の異物。浜岡原子力発電所。
海から見るとより一層デカくて異様な感じだ。あれが僕らの生活を支えてる一つのモニュメントとしての形だ。

ある日人類は原子ちゃんという力の女神に恋をした。
そして結婚した。原始ちゃんは人類の想像をはるかに越えた愛の持ち主であった。
地中深く眠る原始ちゃんは地球の大きな愛。
しかし地中から連れ出し、人類が変則プレーをしてしまった。
出来た子供がプルプル原子とニューム力の双子だ。
二人は人類の言われるままに、こき使われた。
原子爆弾に姿を変えたり、原子力発電所に姿を変えた。
二人は一生懸命働いた。ある所ではクリーンエネルギーとおだてられ、
ある所では地球を破滅に追いやる怪獣と後ろ指をさされながら、、、
姿を変えられてしまった双子の原始ちゃん達に帰る所はない。
母なる地球は受け入れたくとも、受け入れられないのだ。
母のもとに帰れない原始ちゃんなのだ。自然の掟は厳しいのだ。
使い終わった原始ちゃんはガラス容器に詰められて母なる地球の体に埋められていくのだ。
まさに悲劇のラブストーリーである。
人類よどうする?
俺は今寒い知多半島で薪ストーブでイカと里芋とダイコンの煮コロガシを作ってます。
美味そうな香りがしてきたわいわい、贅沢させて頂いております。
と、macでこれ書いてます。今のところ俺にはデンキ必要だしな。
うちもそろそろ風力クルクル回そう! 
眠らない街もいつかは眠る。
人類の進化のプロセスとして、今ある状況を見つめ、
地球に感謝。
あなたの上で我々人類が平和で生きられるよう祈ります。

そうとう脱線しましたが、ラピュタ号の航路に戻りましょう。
もう一度、浜岡原子力発電所を眺めて観る。
でかい建物がとても殺風景だ!だれか絵を描かないか? 描き甲斐があるぞ〜
Kads MIIDAどう?  一緒にライブペインチングするか!

てな調子で俺の頭に風が吹くのだ。
ヨットは本当にいい乗り物だ、風の速度でストーリーが生まれる。
生き物らしいテンポなのだ。
風を感じにくくなった現代人にはうってつけの乗り物だな。
少しの時間でも体験するといいよ〜
今生きてる場所がわかるぞ!

オット!ボブが舵を取りだした。随分と慣れたようであ〜る。
先の船を見ながら、自ら航路を決めている。フムフムいい感じじゃない、そのコース
キャプテン伊藤もなにも言わないし、だいじょうぶ、だいじょうぶ、上出来。
Maboが舵を取ったり、ケンジが舵を取ったり、キャプテンが舵を取ったりしながら
ラピュタ号は順調に西に向う。今日の寄港地は天竜川の河口付近の福田港だ。
行きは台風14号のの具合で寄れなかった港だ。

福田港が見えてきた。ものすごく沢山のテトラポットで防波堤が作ってある。
遠州灘の波と風はハンパじゃないもんな。
港の中は沢山の釣り人がいる。キャプテンの決めた波止場にもじいさんの釣り人がいた。
ラピュタ号が近づくとブツブツ文句言っているが、キャプテン伊藤は気にしていない。
そりゃそうだここはもともと船着き場だかんね〜 すまんねじいさん。
ラピュタ号、無事接岸〜! もやいのロープを張る!
午前10時位。今日の航海は楽勝だったな。いい航海でした。

陸に上がり釣り人と話をしたり、皆で散歩したりと時はすぎていきました。
夕方近く、明日ラピュタ号にのる予定の夢やのヨッチンがかみさんのユミちゃんの運転で川根の山から
下りて来て合流〜 静岡からカズオも合流〜 
ヨッチンは船が思っていたよりも大きく、しっかりとしていて感激していた。
ユミちゃんにも一緒に乗ろうよってさそったんだが、あんたら男衆だけで行ってきなって、
あっさり断られた、、、、、。
たいがい女性は海の航海にはあまり興味を示さない。やはり海の航海は男のロマン? てか習性だな
女性は陸の家を守る的な。 ちなみにユミちゃんはマグロが大好物です。
あんたらマグロでも取ってきたらみたいな? ガハハ、、、、、
皆でラピュタ号の上でビールで乾杯! 男衆よ、よい旅を〜って、ユミちゃんは車でブ〜〜〜〜〜ン山へ
ほんと興味なさそ〜
船に残った男衆はカズオの車で磐田に晩飯を食べに行くことに、、、、
やっとみつけた台湾料理屋で、明日の航海に向けカンパ〜イ、カンパ〜イ、そしてカンパ〜イ、、、
明日の出航も朝早いので、いいところで切り上げラピュタ号で波のユリカゴ、ちゃぷちゃぷ、
明日もいい航海になりますように、おやすみ〜〜〜〜

Mabo

つづく、、、、、






スポンサーサイト

  • 2011.04.13 Wednesday
  • -
  • 23:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM