VarnaGhita Ocean Tour 2010

VarnaGhita Blog 【バルナギータのブログ】

VarnaGhita Ocean Tour 2010
バルナギータ、ヨットで海路ツアー始まります。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.04.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

下ブラ

下田の散歩、下ブラは写真中心でお伝えしたかったのだがサーバーの容量オーバーでアップ出来なかったので、
モジモジ文字でいきましょう〜

スパイスドックのライブが明けて11月1日、みんなで下ブラへ、、、、、
丘の上の永井の家から車で5分で下田の町に着く。シーズンオフのウイークデーもあり観光客の姿はほとんどない。
地元の人に聞いたら夏もさほど観光客はあまり来ないらしい。
ペリー艦隊来航記念碑の前にボブ一押しの店がある。
あれだ! 懐古館か?国際秘宝館? 昼だからよいのだが夜なら、ちと怖いかも〜 ただならぬ妖気が漂っているのである。
入り口に とこと天 と書いてある。ボブ一押しの店だ!入ってみよう〜
ガラガラ、、おそるおそるこんちわ〜 ギャ〜〜〜〜〜〜〜
正面の赤い丸い輪っかの中におばさんが居る〜〜〜 壁を埋め尽くす昔の写真やらポスター いらっしゃ〜い
とにかく息苦しいのだのだ。正直、すぐ出たかった。けどけどせっかく入ったしこれもなにかのご縁とあきらめ、
季節柄かき氷はなんだし、僕はコーヒーは吞めないから、名物のところ天ください。
おばさんが奥へ消えた。マボちゃんどう?この店?気に入った?とボブじ〜 はやく燃やしちまえばって俺、ガハハハ、、、、、
おまちど〜さま、ところ天です。お箸をどんぞ、あれ?ジミ〜ちゃん箸が2本、おかしくない?
ところ天食べる時は1本箸じゃない? 別にところ天を食する時の箸の数に確固とした決まりはないのだが、
僕は昔から一本箸でところ天を食していたので二本箸に違和感をおぼえたのである。
ほかの皆をみると一本箸である。店のおばちゃんも一本箸にウンウン、ジミーちゃん、そうなの?そうなの?なんでなの?
食べにくくないの?なんでなの?????????
しばらくところ天談義に花が咲く、、、、、、、   ところ天の味は堅さもほど良く、美味であった。
その後おばちゃんの昔話をいろいろと伺うのだが、話の節目に必ずといっていいほど、私は夢の中に生きているからと言うのだ。
その都度、皆はなるほどとうなずくのであ〜る。
たとえば、私の描いた物語が映画化されるとか、壁の写真の中に若かれし頃のおばちゃんの写真がある。人力車を引いて観光案内だ!
勇ましい若い女の姿なのだ!この頃ここに出くわしたら、彼女に声をかけていたかもね。
写真の人力車には僕の知らない女優さんが乗っていたような気がする。 この辺の物語が映画化されるのかな? 
そう言えば店を入った時、いきなり映画関係の人?って聞かれたな〜 おばちゃんそうとうな映画好きだね。
映画関係の人行ってみたら〜 おもろいかもよ! かなりディープだよ。なにせ店がそもそもセットのようだしね、
イメージわいたらGO~~~~~
あと、店の最上段の壁に中国の大きな絵があるんだけど、聞いたら昔の中国の本物で大変な価値があるようだ!らしい
僕には分からないが、高い値で売れるらしいんだ、売って来たらお金半分くれるらしいぞ!なんでも鑑定団関係の方どうですか?
でもおばちゃん、そんな高価な絵を木ネジで止めたらあかんぜよ。

そんなこんなで時代をワ〜プして、下ブラ再開〜  町を流れる港に注ぐ小川沿いに古い町並みがあり、今では洒落たカフェやブティック、
ギャラリーになってたりする。昔は色町だったということもあり、建物自体に色気がありお洒落だ。
夜ともなればここは違う国の船乗り達が入り乱れ賑わったのだろう、この小さな港町で残像だけが漂うな〜
アメリカの船員と恋に落ちた下田女の物語やら、日溜まりで話し込む二人組のおばあちゃん。
港町はどこもそうだが、どの道も港に通じている。町並みから港に出て振り返ると小山に囲まれた入り江。いいところだ。
俺ならあの場所に船を停めるかな? って勝手に想像してた。

そうそうさっき行った、時代劇ところ天屋のおばちゃんが言ってたんだけど、下田の男達はどこそこのなにが10円安いかとか
って話をよくしているらしい。そんで飯チャワン片手に大きく口開けて自転車で走るんだってよ?
そうすることによって潮風の塩味でおかずがいらないんだってさ。 ちなみに俺ならおかずは金目鯛!
昨晩スパイスドックでPAをやってくれた人に町でバッタリ会った時、どこに行ってきたの?って聞かれたので、あの時代劇のところ天屋に
行ったと言ったら、あそこに行ってしまいましたか〜と意味深な答えが返ってきたのであった。のだ! ガハ

そんなこんだで下田の町を後に丘の上の永井邸に無事ご帰還。
いつもながら永井邸で頂く金目鯛の一夜干しは絶品だ! 本日も酒盛りの始まりだ〜〜〜〜〜〜
永井邸から見える夜空の星のなんと美しいことよ、毎回この場所には感動します
永井一家様いつもありがとうございます。
今晩もゆっくりと吞んでいたいところだが、つぎの横須賀へ向けてのヨット移動がなくなったため、陸路移動のレンタカーの手配などなど
の段取りのため、ボブとジミーを残して、モコの車で焼津に戻る事に、、、!
今回のツアーの言い出しっぺオーガナイザーとしてはしかたないか!  後ろ髪を引かれつつ、、、、、、、
各々の方では後日、アディオスアミーゴ! チャオチャオバンビーノ!
我々焼津組は伊豆半島を一路 夜のドラ〜イブなのだ〜〜〜〜〜〜〜〜


つづく、、、、、、、、





スポンサーサイト

  • 2011.04.13 Wednesday
  • -
  • 13:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/27 6:18 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/01/01 11:00 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM